とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

通勤の車窓から2

つーわけで、第2回目です。
前回の続きで、我がモバイラー人生を振り返ります。
NTTパーソナル(以下、パーソナル)を、96〜99年ぐらいまで約3〜4年位利用してました。
当時、携帯電話は基本料金、通話料がまだまだ高く、学生はPHSを利用する人が多かったです。
当時、学生だった私の周りではパーソナルは少数派で、PHSを持つ友人の大半がDDIポケット(以下、DDI)、一部アステルみたいな感じでした。
DDIの友人からは、「電波の入りはDDIの方が絶対にいい!DDIに変えれば?」と、言われることが多かったです。
実際にパーソナルよりも、DDIの方がエリアや品質は良かったと記憶してます。
ただ、自分的にはパーソナルで不便を感じることもなく、それなりに利用できていたので変えるつもりはありませんでした。
もっと言うと、電話機としてあまり利用して
なかったのも理由になるかも知れません。
また、DDIでも、パーソナルと同様のデータ通信サービスをやってましたが、通信用カードを買い直さなければならないので、NGでした。
パーソナル時代、通信カードが電話端末メーカーごとに異なる仕様だったので、モニターでもらった通信カードのメーカーの電話機を機種変し続けていました。
シャープ製だったのですが、使い勝手も悪くなく、それなりに満足して使っていた記憶があります。
ただ、電話機として使う機会が少なかったせいか、機種変は1回か2回ぐらいしかしてないです。
今、思い返してみると、パーソナル時代、特に不満に思うことはなかったですねぇ。
ちなみに、パーソナル時代に主に利用していたノートPCは、ThinkPad 230csでした。
Windows3.1プリインストールのDOSマシンでしたが、名機だと思ってます。
じゃ、何故、パーソナルからDDIに変えたのか。。は、次回お話します。