とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

通勤の車窓から5

一昨日は、Vista SP1公開、アドエス SP3公開、Safari 3.1リリースなどがあり、1回休みにさせてもらった。
さて、今日はとむむのモバイル昔話最終章だ。
京ぽんをゲットし、程々に充実した日々を送っていたのだが、新たな黒船が登場することになる。
初代W-ZERO3の登場である!
その頃は、リナザウBluetooth + 京ぽん2で無線でAir H"を使っていたので、あまり必要性を感じなかった。
とは言っても、電話機+PDA=スマートフォンに惹かれなかったというと嘘になる。
一時期は日本でも、どこかの携帯キャリアからPalm互換機のスマートフォンが発売されたら、ウィルコムを止めて乗り換えると宣言していたこともあるぐらいだ。(未だに実現してないが。。。)
スマートフォンが我々モバイラーにとって嬉しいのは、荷物が減ることだ。
職業柄、休日でもリモートで仕事の対応が必要になることがあるのだが、ノートPCを常に持ち歩くのは、正直辛い。
これまでは、会社から支給されているPHS(Docomo)+個人のZAURUSで出かけることが多かったが、スマートフォンがあれば電話機のみでOKだ。
ただ、会社の仕事を個人契約の回線を利用してやるのは、ちょっと如何なものかなと思うところがないわけではない。
まぁ、定額プランに入っているので個人的には問題はない。

と、自分を取り巻く色々な環境を考慮しても、非常に魅力的なスマートフォンだった。
だが、W-ZERO3はデカかった。PDAとしては普通ぐらいの大きさだが、電話機としてはデカいし、あの大きさで電話するのはちょっと・・・。と思った。
W-ZERO3 ESも最初はいよいよか!と期待したが、実物を見てげんなり。。まだ、デカいと思った。
それから、約1年の月日が流れ、アドエスが発表される。
今度こそ、本命が来たと思った。
発売前に、ビックカメラ有楽町店でチェックし、大きさ、動作、使い勝手に問題ないことを確認してから機種変を申し込んだ。
かくして、アドエスユーザーになった。
今後も、この手の機種を使い続けることになるだろう。
割賦にしたので、とりあえず2年は使い続けることなる。(笑)