とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

通勤の車窓から13

さて、本日の通勤の車窓からは、昨日発表されたばかりのWILLCOM D4についてだ。
別にここで取り上げる話題でもないのだが。(笑)
昨日は、新規のエントリをあげる余裕もなかったので、思うところを書きつづりたい。

D4についての詳細は、各種ニュースサイトや公式Webサイト等に譲りたい。WILLCOMのD4特設サイトのMovieが格好良すぎて笑ってしまった。
職場や自宅でD4にモニタやキーボード&マウスを繋いで、デスクトップPCとして使うシチュエーションがやたらと紹介されていた。
個人の携帯端末を会社で使うなんて、コンプライアンス的にどうなの?w という突っ込みは置いといて、自宅と職場にクレードル買って下さいってことなのかなぁ。と思ってみたり。特設サイトのMovieは無駄にカッコイイから一度ご覧あれ。(笑)

さて、本題に入ろう。
世界初のAtom CentorinoというD4。WILLCOM的には、Ultra Mobileというカテゴリらしい。
所謂、UMPCではないの?と思ったりもしたが、あまりPCであることはアピールしたくないのかな。
とにかく小さいし、同種の情報端末としては、かなり値段設定も安い。
スペックは、HTのAtomプロセッサ1.33GHz、メモリ1GB固定、HDD40GBといったところ。バッテリの持ち時間は2〜3時間という噂だ。容量3倍の大容量バッテリも用意されているらしい。

極めて個人的な見解を述べさせてもらうと、Vistaでメモリ1GBはないでしょう。色々ソフトを立ち上げると、相当重くなると思う。
今日日、メモリはかなり安くなっており、最低2GBは欲しい。
HDDは、まぁまぁかな。某EeePCみたいに4GBのFlashDriveとかという話にならなくてホッとした。(笑)

まぁ、願わくば、XPモデル、有り得ないと思うけど、Linuxモデルとか用意して欲しかったなぁ。と思う。

メモリ1GBでいくのなら、XPもアリだと思うんだけど。
ドライバは用意できても、電話アプリやメールアプリはVista前提で作っていたりするのかな。

いずれにしても、とむむ的には今のD4は微妙。
早く次のD4でないかな。(爆)