読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

通勤の車窓から14

さて、本日の通勤の車窓からは、昨日、正式発表されたEeePC 900についてだ。

ラインナップのみで値段の情報はない。
HPの2133を意識しているらしく、噂ではWindows版が499ドルとか。

まずは、スペックからおさらいしよう。
CPUは、CeleronM 900MHzらしい。
メモリは、1GB。増設 or 入れ替えが可能だろう。
HDDは、モデルにより異なる。
Windows版がオンボード4GB+フラッシュ8GBで、合計12GBらしい。
Linux版がオンボード4GB+フラッシュ16GBで、合計20GBらしい。
いずれも、見かけ上は12GB or 20GBのHDDディスクを内蔵しているように見えるらしい。
HDD容量をなんで逆にしなかったのだろう。。。という突っ込みは置いといて。。(恐らく、Windowsのライセンス分では・・・)
モニタのサイズは、8.9インチ 1024 * 600のワイド液晶。
液晶サイズのUpで全体の大きさ、重さが若干Upした。
他は現行モデルと変わってなさそうだから省略。(笑)

いやぁ、いいんでないの?(笑)
とむむ的に、最大のネックだった液晶サイズが改善したことが大きいかな。あとは、Linux版を日本でも出して、是非4万前半以下で売って欲しい。なら、勢い余って1台ぐらいなら買っちゃうかも。(爆)

唯一の懸念点がこのモデルがAtomへの繋ぎで出すというところかな。
恐らく、短命なモデルになるだろう。
それでも、とむむ的にはOKかな。
この手の安いPCで未来を語っても仕方ないでしょう。(笑)
コストパフォーマンス重視、使い切り感覚が必要なのだ。
そういう意味では、WILLCOM D4とは別物と考えている。本来、近しい関係のはずなんだが、WILLCOM D4は単体で見ると、20万前後はするんじゃないかなと思う。それと、5万以下のPCを比較しちゃダメでしょって話だ。

いつから、いくらで売り出されるのか楽しみだ。
日本法人の発表は今週中か、来週くらいかな。