とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

どこでもWi-Fiで行こう! その1

今のところの使用感は、場所を選ぶと言う感じだ。
ちなみに、最寄り駅で速度を計ったら、100kbps程度出ていた。
最寄駅の速度結果


埼玉から都内に出るまではアドエス単体の時の方が体感速度が早いように感じた。
都内では断然、「どこでもWi-Fi」だ。

一番感動?したのは、iPod touchで地図を表示したときかな。
現在地の表示を押した状態で電車が移動すると、それに追随するように更新されたことだ。
都内なら、ホットスポットが沢山あるので、位置の特定は容易なようだ。
逆にとむむの家の最寄り駅だと、現在地の特定が出来ず、ちょっとがっかりした。
それ以外で気になった点は、バッテリの持ちかな。
長時間の運用を前提としていたので、あらかじめ予備のバッテリを購入しておいた。

ちなみに、「どこでもWi-Fi」のバッテリは単三電池×4だ。
本体には、エネループが標準装備されていたりする。(笑)

しかし、アキバで買ったちょっと怪しい?エネループのパクリのパワーループの方がバッテリの持ちが良かったりする。(笑)
エネループは片道(2時間弱程度)と帰りの半分(1時間弱程度)でバッテリ切れしたのに対して、パワーループは往復(4時間弱)と更に15分程度持った。
バッテリ容量が、エネループ2000mAhに対して、パワーループが2700mAhなので、単純に1.35倍持つので、順当なところだろう。