とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

DELL Inspiron Mini 9で、MacOS X Leopardの夢を見る その7

どーも、とむむです。

前回のエントリーで、NetbookInstallerのことを少し書いたが、久しぶりにmyDELLMINIのサイトを色々と調べていたら、どうやらダウンロード先が変わっていることが分かった。
これまで、DELLEFIの類いは、http://code.google.com/p/mydellmini/のDownloadsから入手できるようになっていたのだが、NetbookInstaller用に別ページが作られていることが分かった。
新しいページは、http://code.google.com/p/netbook-installer/だ。
ここのDownloadsのページから、最新のNetbook Installer 0.8.2 RC3をゲットすることができた。
前回、ターゲットデバイスが選択できない問題がある、と書いていたが、このバージョンでは、その問題が解消されているようだ。
また、ブート時に色々見えてしまう問題も解消した。後は、心なしかブートが早くなったような気がする。
唯一気になる点は、とむむの環境の固有の問題かも知れないが、バッテリ使用時に残り時間が出なくなってしまったこと。。(充電されていません)というメッセージが出るようになってしまった。バッテリの残り残量の%が表示されるので、かなり困るというレベルではないのだが・・・少し困るかな。

さて、以前のDELLEFIがNetbookInstallerに変わって何が変更になったかというと、Inspiron9以外の対応だ。こちらのページに最新の対応情報が掲載されている。
8月13日現在の対応状況は、以下の通りらしい。
Netbook Installerサポート機種一覧

驚いたことに、少し前まで音が出ない・・・等言われていたInspiron 10vも既に対応済のようだ。
それ以外にも、Vostro A90やLenovo S10なんかも暫定対応しているようだ。
Lenovo S10に関しては、ethernetが使えないのは、少し困ると思うのだが・・・。
今、手に入る機種でオススメは、Inspiron 10vのようだ。

DELLから直接購入すれば、SSDでサイズも選べるので良いかも。
Ubuntuモデルで、16GBで34,180円になる模様。

DELLから、購入する場合は、こちら↓

Inspiron10vは、画面が大きくなっている点とファンレスを継続している点は、評価できるのだが、残念ながらこの記事によると、Inspiron9のように内部へのアクセスが容易ではないようだ。
また、現時点ではSSDに関して、Inspiron9との互換性等の情報ないので、分解できたとしても、そのまま使える保証はない。
ただし、メモリは分解してでも、2GBに換装してもらいたい。1GBじゃ正直辛いからだ。

何だが、諸々のことを考えると、やっぱりInspiron9良いですな。
ディスコンになってしまったのが、非常に惜しい・・・。
新品でなくて中古でも構わないという人には、Inspiron9を中古で買うことをオススメしたい。
ちょっと、アマゾンを見ていたら、Inspiron9の在庫があるようだ。

値段はちょっと高いが、最後のチャンスかも知れない!
欲しい方は、お早めに!