読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

iPadの発売日、価格、3G回線のキャリアが明らかに!

どうも、とむむです。

5月7日にiPadの日本での発売日や予約開始日が明らかになったが、依然として価格や3G回線のキャリアが分からなかった。それが昨日の深夜から今日の未明にかけて発表されたようだ。

 ・iPadはソフトバンクが販売、料金プラン詳細
 ・ソフトバンクモバイル、「iPad」を5月28日に発売――専用プランも発表
 ・ソフトバンクが「iPad」を28日発売、10日より予約受付

公開された順にニュースソースを記載しているが、残念ながらengadgetの内容は、ソフトバンクからの発表内容をまとめた程度で、とむむが知りたいような情報(SIMロックありなのか?、Wi-Fiモデルのプランは?)がほとんど書かれていない。その点、ITmediaとimpressは色々と知りたいことが書かれていた。
それらも含めて、簡単にまとめてみると、以下の通りだ。

発売日:   2010年5月28日(金)
予約開始日: 2010年5月10日(月)

iPad Wi-Fiモデル:
16GB    4万8960円
32GB    5万9040円
64GB    6万8880円

Wi-Fiプラン:
ソフトバンクWi-Fiスポット 無料(2年間限定)
※ただし、Eメール(i)は利用できない。

iPad 3Gモデル:
16GB    5万8320円(6万1920円)
32GB    6万7920円(7万2000円)
64GB    7万7280円(8万1840円)
※()はプリペイドプランの場合

3G回線:   ソフトバンクのみ(SIMロックあり)
3Gプラン:
・データ定額 3225円/月(4410円+315円-1500円)
プリペイド
100MB    1825円/チャージ(1500円+315円)・・・7月1日開始 
1GB     4725円/チャージ(4410円+315円)

プリペイドプランの詳細な内容、契約の条件、期間限定のキャンペーンとかは、特に記載していないので、各自確認してもらいたい。

色々と情報が出揃って来たので、現時点での懸念点なども少々。

SIMロックフリーは実現しなかった・・・。」

結局、米国とは異なり、日本での3Gモデルは、SIMロックありになった。先行して参入を発表していたドコモや興味を示していた他の回線業者の皆さんは、残念でした。。
また、今回のソフトバンクからの発表内容をみる限り、3Gモデルだけでなく、Wi-Fiモデルもソフトバンクから購入することになりそうだ。米国でのiPadのイメージはかなりオープンだったが、それに反して日本では、非常にクローズドなイメージになる。

「容量やモデルごとの価格差は、どうなの?」

◯容量別の価格差
Wi-Fi 32GB-16GB 10080円
Wi-Fi 64GB-32GB 9840円
3G 32GB-16GB 9600円
3G 64GB-32GB 9360円
⇒容量別の価格差は、いずれも240円

◯3GとWi-Fiの価格差
16GB 3G-Wi-Fi 9360円(12960円)
32GB 3G-Wi-Fi 8880円(12960円)
64GB 3G-Wi-Fi 8400円(12960円)
※()はプリペイドプランの場合
⇒容量別の価格差は、いずれも480円(プリペイドプランは、除く。)

◯データ定額とプリペイドの価格差
3G 16GB 3600円
3G 32GB 4080円
3G 64GB 4560円
⇒容量別の価格差は、いずれも480円

一見するとバラバラのようにも見えるが、プリペイドプラン以外は綺麗に価格設定されている。
その中でも、とむむ的にお買い得感がありそうなのは、以下ではないかと思っている。
Wi-Fiモデル、3Gモデル(プリペイド)の場合は、16GBモデル。
3Gモデル(データ定額)の場合は、32GBモデル。

今回の背景を掘り下げつつ、次のiPhone4G(HD?)の展開も予想していきたいと思う。

「何故、日本におけるiPadの販売をソフトバンクが独占?する形になったのか。」

一番大きなところは、日本におけるiPhone普及の実績だろう。今や都内の電車の中で隣や向かいの席を見ると、最低でも1〜2人はiPhoneを操作している光景を見かける位になった。
この実績に関しては、ジョブス氏もソフトバンクのことをきっと高く買っているに違いない。

孫社長Appleに以下の2点をアピールしたのではないかと思う。
・これまでのiPhoneの実績を踏まえ、iPadでも大きな成果を上げてみせます。
Wi-Fiモデルを購入した人にも「ソフトバンクWi-Fiスポット」を2年間無料で提供します。

2点目の「ソフトバンクWi-Fiスポット」が、回線が不要なWi-Fiモデルまで、ソフトバンクから販売するという形を取ることになったのではないかと考えている。「ソフトバンクWi-Fiスポット」をユーザーに2年間無料で提供するためには、ソフトバンクとの契約が必須になるだろう。なので、Wi-Fiモデルもソフトバンクが販売することなったのではないかと思う。

「日本における次期iPhone複数キャリア展開、SIMロックフリーはあり得るのか。」

今回のiPadの流れから推測するに、SIMロックフリーはないと思われる。
複数キャリア展開も、多分ないだろう。
一番有力と思われるドコモは、今回のiPad 3GモデルでAppleと全くコンセンサスが取れていないことが証明されたので、次期iPhoneについても望みは薄いだろう。
あんなに大々的に発表しておきながら、米国と同じようにSIMロックフリーで出してもらえれば・・・というのが前提に、あっただけということだったのだろう。そもそも、Apple自身が発表する前に勝手に参入を発表するわ、例の高級ネットブック発言は出るわで、Appleの心象はかなりよろしくないと思う。もうしばらく、ソフトバンクの独占状態が続くのだろう。