読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

スティーブ・ジョブズを偲んで・・・「彼自身がThink diffrent.だった」

Steve Jobs is Think Diffrent.


どうも、とむむです。

既報の通り、2011年10月5日はスティーブ・ジョブズの命日となってしまった。
56歳というとまだまだ若い感じはするが、短いけど非常に太い人生だった。
特に彼がAppleに復帰してからの約15年は本当にドラマチックで劇的な変化をもたらした。

Appleを追放されてから
の11年の苦労が全て報われたと思う。
もし、彼がAppleに復帰しないという現在があったとしたら…iMacだけでなくiPodiPhoneiPadも生まれることはなかっただろう。MP3プレイヤーも、スマートフォンタブレットPCは旧態依然としており、マニアやアーリーアダプタしか持つことがないようなガジェットのままだろう。また、
これらの製品の技術の進歩が5年…いや10年は遅れていたかも知れない。

最後に、スティーブ・ジョブズが復帰してすぐの1997年にAppleが打ち出したCMを取り上げておこう。


クレイジーな人たちがいる。

反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。

四角い穴に丸い杭を打ち込むように、物事をまるで違う目で見る人たち。

彼らは規則を嫌い、彼らは現状を肯定しない。

彼らの言葉に心を打たれる人もいる。反対する人も賞賛する人も貶す人もいる。

しかし、彼らを無視することは誰にも出来ない。

なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。彼らは人間を前進させた。

彼らはクレイジーと言われるが、私たちは天才だと思う。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから。

Think different.

ありがとう、スティーブ・ジョブズ

あなたもThink diffrent.のCMに登場した偉人と同じだ。
そう、あなた自身がThink diffrent.だった。

スティーブ・ジョブズの冥福をお祈りしたい…