読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

通勤の車窓から8

さて、今日の通勤の車窓からは、とむむの使ったモバイル機器で今でも名機だと思う製品について紹介しよう。
中古で購入したのだが、初代VAIO C1は名機だったと思う。
あれは、今でも良いマシンだったと思える。
キーボードとトラックポイントの大きさを元に作った横長デザインや携帯性の良さ、縦は少し狭かったが、1024*600の解像度は普通に使えるギリギリのサイズだった。
今でこそ、ノートPCに内蔵カメラは当たり前になったが、VAIOとして初めて搭載したMotionEYEは珍しく面白い試みだった。
何よりも、Windows98がプリインストールだった当時としては、色々と尖ったことをやってのけたことに、感動すら覚えるのだった。

VAIO C1シリーズは今年のAtomプラットフォームで復活して欲しいラインの1つとも言えよう。
可能であれば、キーボードやトラックポイントはそのままがよい。
また、マシンのサイズを変えなくても、今なら同じ大きさの液晶で1280*768とか実現しそうだ。
そんなマシンが10万円以内で発売されれば、面白いだろうなと思う。