読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむむの日々

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。2008年3月から、関心のあることを書き連ねる日常の記録です。

MacBook Pro (15-inch Early 2008)のACアダプタとバッテリを互換品に替えてみた!(追記あり)

どうも、とむむです。

これまでも、自宅のMacBook Pro (15-inch Early 2008)に色々と手を入れてきた。

  • メモリを4GB→6GB(標準のMAXを超えるメモリ量)に拡張

iRam Technology DDR2 PC2-5300 200pin 4GB SO-DIMM IR4GSO667D2

新品価格
¥12,323から

  • 内蔵HDDをSSDに換装

Samsung SSD840オールインワンキット 250GB 2.5インチ 日本サムスン正規品 3年保証 MZ-7TD250K/IT

新品価格
¥18,980から

  • ACアダプタの交換
  • バッテリの交換

今回は、ACアダプタとバッテリを互換品に替えてみることにした。 まずは、前回、純正品で替えた時のことを振り返ってみようと思う。

純正品で交換した場合

ACアダプタも、バッテリもそれぞれ1回ずつ交換してきたけど、いずれも純正で交換してきた。
ちなみに、交換費用と交換時期は以下の通りだった。

  • ACアダプタ  7,800円(2010/10/13)
  • バッテリ 15,800円(2010/09/30)

合計で、23,600円だった。

まぁ、前回の交換から、4年ちょっと使えているので、コスパはそれほど悪いわけでもない。
ただ、MacBook Pro (15-inch Early 2008)の購入(2008/4/17)から、6年9ヶ月が経過した。
その間にも、一度起動しなくなり、マザーボードを交換したりもした。なので、次に調子が悪くなったら、さすがに諦めようと思っている。 そこで、いつまで使えるか分からないこともあり、次回は純正ではなく、互換品で安価に上げることを考えていた。*1

互換品で交換した場合

最近になって、ACアダプタはMagSafeに繋がったケーブルの向きを変えないと充電がうまくできない状態になり、バッテリも完全にヘタってきた。 そこで、互換品による交換を実行することにした。

まずは、Amazonでリサーチだ。 余りにも、怪しい互換品は直ぐに使えなくなったり、本体を壊す恐れがあるので、避けたい。 レビュー等を参考にしながら、絞り込んだ結果、以下の2点に行き着いた。

  • ACアダプタ 2,680円(2015/02/03)

MacBook用 A1172 MagSafe アップル マック マグセーフ 互換電源アダプタ18.5V 4.6A 85W

新品価格
¥2,100から

カスタマーレビューが1件しかないが、90日保証があるので、悪くないかなと思った。

(追記:2015/02/08)
到着から4日足らずで、壊れてしまった。
やはり、ACアダプタの互換品はダメかも知れない。なので、純正をオススメしたい。

純正 アップル Apple 85W Magsafe A1343 MC556J/B / MacBookPro 対応 電源アダプタ バルク品

新品価格
¥6,480から
(2015/9/27 23:24時点)

Amazonなら、5,000円前後で購入できるようだ。

  • バッテリ   4,580円(2015/02/03)

Apple A1175 MacBook Pro 15" 対応 ハイグレード互換バッテリー WorldPlus製

新品価格
¥4,980から

カスタマーレビューの評価も悪くなく、1年間の品質保証も安心材料になった。

合計は、なんと、7,260円
純正のACアダプタよりも安い
こんなに安くて大丈夫か!? と思ったが、まずは試してみることにした。
(追記:2015/02/08)
バッテリは今のところ、問題なさそうだが、ACアダプタは大丈夫ではなかった。。

互換品のACアダプタとバッテリのファーストインプレッション

箱や外観

では、実際に到着した互換品を見ていこう。

f:id:tomumu:20150204225629j:plain

箱はバルク品のように質素だ。
いずれも、Amazonの倉庫で保管しているためか、形状が全く同じだった。

f:id:tomumu:20150204225649j:plain

箱の中身は、それぞれこんな感じだった。
簡易包装で、バッテリの方にだけ簡易の説明書等が付いていた。

f:id:tomumu:20150204225709j:plain

ACアダプタは上が互換品、下が壊れた純正品。 Appleマークが存在しない以外は、互換品の見た目は純正品とそれほど違わない

(追記:2015/02/08)
見た目の違いはなかったが…。

f:id:tomumu:20150204225725j:plain

バッテリは、左がヘタった純正品、右が互換品。
背面の写真を撮り忘れていたが、そちらは純正品と色もそれほど変わらなかった
本体に取り付けた後の違和感が意外と少なかったので、まずまず満足している。

実際に使ってみた様子

ACアダプタ

f:id:tomumu:20150205002131p:plain

Amazonのカスタマレビューによると、このACアダプタを15インチのMacBook Proで使っても、ワット数は60Wという表示が出ると書かれていた。
値段も安かったので、60Wでも使えるし、それでもいいかなと思って買ったのだが、実際に使ってみると…ワット数(W):85と表示されていたので、驚いた。
ちゃんと、商品の説明通りの商品に入れ替わっていたので、嬉しい誤算だった。

(追記:2015/02/08)
使用直後は気付かなかったが、しばらくすると、ノイズ音がやたらと出ることに気づいた。
しばらく問題なく動作していたので、こういうものかと思っていたが、2/7の夜に突然死を迎える。。互換ACアダプタは、オススメできない。

バッテリ

f:id:tomumu:20150205002136p:plain

Amazonの商品説明では、実効容量:4200mAhと書かれていた。
本体に取り付けてみたところ、残りの充電量:4455mAhだったので、実際には少し多く使えるようだ。
今のところ、大きな問題は特になく、バッテリーだけで使ってみたところ、2時間程度は使えそうな感じだった。

まとめ

今のところ、値段の割には全然イケているというか、むしろ、コスパの面からも今回は互換品を買って良かったとすら思っている。 まだ、使い始めたばかりなので、しばらく使っている間に問題が出てくる可能性も否定できないが、最低でも1〜2年くらい使えれば、良いかなと思う。
いつまで使えるか分からない古いMacBook Proを愛用している人には、互換品がオススメだと思う。
是非とも、検討してもらいたい。

(追記:2015/02/08)
バッテリに関しては販売が終了しており、選択の余地がないので、比較的良さげな互換バッテリを選ばざるを得ない。 ACアダプタは、販売が終了するまでは純正をオススメしたい。

*1:ちなみに、純正のバッテリは2014年12月頃にAppleStoreでの販売が終了した模様。